8/31(日)ドキュメンタリー映画「プロジェクトFUKUSHIMA!」上映会&藤井光監督トーク

青森市 イベント情報 ライブ情報 多目的イベントスペース ブラックボックス レンタルキッチン アートギャラリー プロジェクトFUKUSHIMA! 藤井光青森市 イベント情報 ライブ情報 多目的イベントスペース ブラックボックス レンタルキッチン アートギャラリー プロジェクトFUKUSHIMA! 藤井光

青森公立大学国際芸術センター青森[ACAC]
藤井光×青森市所蔵作品展関連イベント

ドキュメンタリー映画「プロジェクトFUKUSHIMA!」
上映会&藤井光監督トーク

2015年2月から開催予定の映像や記録をテーマとした展覧会「藤井光×青森市所蔵作品展」の関連イベントとして、青森市古川のBLACKBOXにて、藤井光さんが監督されたドキュメンタリー映画「プロジェクト FUKUSHIMA!」の上映会を開催します。

|日 時|
2014年8月31日(日)開場│13:30
上映│14:00-15:30 (90分)
ポストトーク(プロジェクト説明会)│15:40-16:30

|料 金|
入場無料
|主催・お問合せ|
青森公立大学 国際芸術センター青森[ACAC]
TEL:017-764-5200
E-mail:acac-1@acac-aomori.jp
詳細情報は下記ウェブサイトをご参照ください。
http://www.acac-aomori.jp/aomori/2014-4/

【映画概要】

未来は私たちの手で。
原発事故が及ぼした放射能は、福島という行政区分をこえ、近県、ひいては全世界に拡散した。遠藤ミチロウ、大友良英、詩人の和合亮一という、福島出身/在住のミュージシャンと詩人らを中心に立ち上げられた「プロジェクト FUKUSHIMA !」の活動は、皆でこの事態を考えるきっかけであるとともに、芸術をとおして新しい社会の枠組みを考えるプロジェクトである。立ち上げ当初からプロジェクト FUKUSHIMA ! の活動を撮り続けてきた藤井光監督のドキュメンタリー。放射線に関する不確かな推測が錯乱する中で、芸術家たちの行動を考察するこの映画が、震災/原発事故初年度の様々な姿を鮮明にしてくれるだろう。東京国立近代美術館所蔵作品。

藤井光 (FUJII Hikaru)

1976年東京生まれ。映画監督・美術家。パリ第8大学美学・芸術第三博士課程DEA卒。自然災害を含む、政治的、経済的、精神的な痛みを被る人間の危機的な状況において、芸術表現は何処へ向かうかを問い続けている。その多くは固定カメラで撮影される静的な映像で、映画と現代美術の区分を無効にするその活動は国内外の美術館・映画館で発表されている。http://hikarufujii.com/